雨漏り、屋根の点検修理、建築一般施工、建築板金工事施工、リフォームは、愛知県東郷町の【小山鈑金】にお任せください



工場屋根のリフォーム

住宅リフォーム施工例

小山鈑金の最新工場屋根リフォームの施工例です。どんな細かい要望にもお客様の立場になって施工いたします。

カバー工法とは


工場や倉庫の屋根の老朽化や雨漏り対策のために、古い屋根材が落ちないようにネットをかぶせ、既存の屋根を撤去しないのが、カバー工法です。 この工法にはメリットとして、大きな特徴が4つあります。


1.稼働中に施工可能

既存の屋根を剥がしません。屋根の上に新しい鋼板製の屋根を取り付けるだけなので、
工場は稼働したまま、短い工期で改修工事ができます。

2.安全で低コスト

既存の屋根をはがさないので、産業廃棄物が出ません。
有害なアスベストなどの粉じんが飛散する心配がありません。
廃材の撤去、廃棄がないのでコストの大幅な削減に繋がります。

3.断熱性能が向上

既存の屋根に新しい屋根を乗せることで二重構造となり、断熱効果が格段にアップ。
夏の暑さや冬の寒さを防いで、工場内の労働環境を大幅改善。
冷暖房にかかる光熱費の節約になります。また、防音効果も期待できます。

4.長期間メンテ不要

雨漏りの原因や、老朽化で雨漏り寸前になっている場所も同時にカバー。
既存屋根との二重構造で雨漏りを完全に止め、建物のさらなる老朽化を防ぎます。
一度取りつけると、長期間メンテナンスが不要です。




「カバー工法」 作業の流れ

①施工前の屋根の様子
②既存の屋根の上に転落防止のネットを張り、安全対策を万全にします。
③ネットの上に鋼板屋根を設置します。
 既存の屋根のフックボルトを利用するので、穴をあけることもありません。
④施工終了!
 これで長期間、老朽化や雨漏りの心配もありません。